電動工具[マキタ・日立・リョービ・ボッシュ・ナショナル・マックス]のことならプロショップ道具堂!
プロ用・DIY用電動工具は道具堂におまかせ下さい! プロの職人様から日曜大工のお客様まで幅広く対応する専門店。
メーカー別入口商品別入口

メーカー別カテゴリー

グループ別カテゴリー

項目

ホーム電動工具の知識

[マキタ]

ドリルドライバー

インパクトドライバーが全盛の時代ですが、万能ではありません、
穴をあける作業にはやはり充電式の場合はドリルドライバーのほうが適しています。
特に木工で10mm、鉄工4mm以上の穴あけは前者よりも後者をお勧めします。
理由
(1)穴なけ時にインパクトドライバーの場合は常に横方向の打撃が加わりますので、ビット、先端工具の破損や磨耗が早くなります。
(2)6角軸以外の先端工具が使用できるのでランニングコストが安くつきます。
(3)子ネジ、短いビスなどの締め付けにはトルク調整により、締付けすぎず扱いやすい。
以上のことをご考慮願い、機種選択のご参考になれば、、幸いです。

 

穴あけ・ハツリ:ハンマドリル

ハンマードリルの特徴=コンクリート、石材に穴をあけるのに適した機械で、振動ドリルよりも穴あけ時間が早く、作業効率が振動ドリルよりも格段に優れております。
ハンマードリルと一般的に呼ばれる物でも、大きく分けて3種類の物があります。
(1)SDSプラスタイプ=軸が10mmくらいで4本溝があり、機械の能力によりますが3mmくらいの小径の穴なけから20mmくらいまでの穴あけに適している機械です。
(2)SDSマックスタイプ=軸が20mmくらいで5本溝があり、機械の能力によりますが10mmから30mmくらいまでの穴あけ作業に適しております。
また、レバーの切り替えによりハツリ作業にも使用できます。
(3)6角軸タイプ=軸の根元が対辺が6各軸担っており日本において古くからある方式で、10mmから30mmくらいまでの穴あけ作業に適しております。
先端工具を入れ替えてはつり作業にも使用できます。
SDSマックスタイプとの違いは機械の駆動する力がじかに作業者にかかりますので穴なけ作業をする場合に結構な力が必要となります。
ただ、熟練の作業者が使用する場合にはSDSマックスタイプよりも穴あけスピードが格段に速い場合がありますがこれは、熟練作業者に限られます。

マルノコ

大工さんには定番のマキタの丸鋸

最近の傾向は125mmの丸鋸で切り込み深さ46mm、

165mmの丸鋸で切り込み深さ66mm、

の物が主流となっておりますが、やはりぎりぎりの能力の深さを常時きられますと
機械本体に無理がかかりますので、余裕を持って、機械をお選びくださいますよう
御願いいたします。

 

スライドマルノコ

スライド丸鋸は日立工機と2分する人気を誇っております。

マキタの特徴は角度の表示目盛が見やすいことが特徴でこの部分は日立工機よりも優れている部分です。

また、品番の後ろにFLとついている物はレーザーマーカー付で切る切断線が目視できたいへん便利になっております。

コンプレッサ

高圧のコンプレッサーが何種類か有りますが、単純に考えますと、タンクの大きさによる、お値段の違いになります。
下記は単純に満タン時の数値を計算した物です、実際には再起動圧力や高圧時の吐出量により性能は異なりますが、ご参考のひとつとしてお考え下さい。
AC400S    =(タンク容量)3L (タンク内圧)40kgf/c㎡=120
AC401NXB  =(タンク容量)8L (タンク内圧)40kgf/c㎡=320
AC460X    =(タンク容量)8L(タンク内圧)46kgf/c㎡=368
AC460XLR  =(タンク容量)11L(タンク内圧)46kgf/c㎡=506
AC430XH   =(タンク容量)16L(タンク内圧)43kgf/c㎡=688

 

インパクトレンチ

(1)土台を締め付けるスクリューワッシャなど座彫りをしながら締め付けが必要な場合にはトルクが250N・m以上が必要となります。
余裕を見るなら300N・mに近いものがお勧めとなります。

(例)100V
    マキタTW0250(250N・m)、6905H(294N・m)、TW0350(350N・m)
    日立 WR14VB(250N・m)、WR16SA(S)(300N・m)、WR16SA(360N・m)
  リョービIW-3000(300N・m)、
   充電
   日立WR18DBDL(250N・m)、WR14DSHL(340N・m)、WR18DSHL(420N・m)
   マキタTW450DRFX(380N・m)
バッテリー(電池パック)について

店頭でもよくお客様にご質問を受けますことをQ&A方式で書かせていただきます。

Q=マキタの14,4Vのバッテリーと日立の14.4Vのバッテリーのインパクトドライバーはどっちが強い?
※このご質問の場合の強い?はトルク(締め付けの力とします。)

A=14,4VのバッテリーということはおおむねV=電圧となりますので、両方とも電力は同じとなりますので

  あとは、機械本体の性能となりますので、メーカーの機種品番によりことなりますが、、、、、

たとえば、マキタTD131と日立WH14DSL2は最大トルク145N・mで同スペック。
TD136とWH14DBAL2は最大トルク165N・mと160N・mでほぼ同スペックとなります。
  このためバッテリーのV数だけではある程度の目安にはなりますが、実質のトルクの強さは判断できません。
さらに、付け加えますと、プロ仕様のメーカーのマキタ、日立、リョービ、マックス、ボッシュ、の
プロ用の機種では14,4Vよりも18Vのほうがトルクが劣るということはまずありませんが、
輸入品、DIY用の機種の場合には前者のプロ仕様の14.4Vが輸入品の18Vよりもトルクが劣るかといえば
これは、前者の14,4Vの機種のほうが強い場合が多々あります。